a0083168_2375875.jpg


名古屋から伊勢湾にそそぐ庄内川の支流として矢田川があります。その源は20キロ東の瀬戸里山までつながっています。
ここ大正池はその源泉のひとつです。
小さな池ですが、森のなかに唐突に出現するので初めての人は意外に思われるでしょう。
水ぎわの木々の生えかたの不自然さと、立ち枯れ木が水面から数十本たっている奇異さは、景観として神秘的な雰囲気をかもしだしています。
砂防のための人工池であることをあとで知り、さもありなんと思いました。
地名の由来を調べてはいませんが、上高地の大正池とつながりがあるのでしょうか。
大正池をふくむ海上の森をくわしく記録なさっている山本氏のサイトを紹介します。海上の森を歩こう
702×681
[PR]
# by design-network | 2006-12-28 02:40 | 瀬戸[せと]
←menuへ